不動明王 背中一面の刺青・和彫り

不動明王は、密教特有の尊格である明王の一尊です。
シヴァ神の化身とも言われ、五大明王の中心となる明王です。

尻から腿にいるのは矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制吒(多)迦童子(せいたかどうじ)です。

不動明王 背中一面の刺青・和彫り

不動明王 背中一面の刺青・和彫り

不動明王 背中一面の刺青・和彫り

東京のタトゥースタジオ 吉祥寺 Redbunnytattoo

迦陵頻伽 刺青 和彫り 天女 (デザイン・画像) 東京 吉祥寺 RedBunnyTattoo

迦陵頻伽・迦陵頻迦(かりょうびんが)は上半身が人で、下半身が鳥の仏教における想像上の生物。サンスクリットのカラヴィンカ(kalaviṅka)の音訳。『阿弥陀経』では、共命鳥とともに極楽浄土に住むとされる。

殻の中にいる時から鳴きだすとされる。その声は非常に美しく、仏の声を形容するのに用いられ、「妙音鳥」、「好声鳥」、「逸音鳥」、「妙声鳥」とも意訳される。また、日本では美しい芸者や花魁(おいらん)、美声の芸妓を指してこの名で呼ぶこともあった。

一般に、迦陵頻伽の描かれた図像は浄土を表現していると理解され、同時に如来の教えを称えることを意図する。中国の仏教壁画などには人頭鳥身で表されるが、日本の仏教美術では、有翼の菩薩形の上半身に鳥の下半身の姿で描かれてきた。敦煌の壁画には舞ったり、音楽を奏でている姿も描かれている。

(全てwikipedia)

迦陵頻伽 刺青 和彫り 天女 (デザイン・画像) 東京 吉祥寺 RedBunnyTattoo

迦陵頻伽 刺青 和彫り 天女 (デザイン・画像) 東京 吉祥寺 RedBunnyTattoo

東京 タトゥースタジオ 吉祥寺 Red Bunny Tattoo