「クリスマス」東京 タトゥースタジオ「Red Bunny Tattoo/赤兎 刺青」

皆さん、こんばんは

日曜の夜、いかがお過ごしですか?


やっとクリスマスも終わり

九州・大分からの刺客「彫冨貴」先生のゲストワークも

無事終わりました。


IMG0196


男ヤモメのクリスマスパーチーin吉祥寺
少年のような笑顔の彫冨貴先生(右)だが
目が笑っていない。
何か心配事でも有るのかと尋ねると
地元においてきた「さやか(筒型17x6cm)」という
彼女が心配とのこと、、
やはり寒いクリスマスの夜は
男ヤモメの心をいっそう淋しくするらしい。
もちろんこの後
会場をいつもの「わん」に移し
「さやかとローション」について語り明かしたのだった・・・




IMG0190


家の近くにある某企業の敷地に出現する巨大クリスマスツリー
とにかくデカイ

デカイ、デカ過ぎる、十万石饅頭・・って埼玉県人しか分からないですよね(笑)



タトゥースタジオ 吉祥寺 RED BUNNY TATTOO/赤兎刺青
タトゥースタジオ 吉祥寺 RED BUNNY TATTOO/赤兎刺青

— posted by redbunnytattoo at 10:11 pm  

「たかおさん」東京 タトゥースタジオ「Red Bunny Tattoo/赤兎 刺青」

皆さん、こんばんは

日曜の夜、いかがお過ごしですか?


一昨日はっすね

待ちに待った久しぶりの休み

しかも遅く起きて八ヶ岳には行けなくなっちまったんでね

たまには近場でって事で

えぇ

行ってきましたよ

ミシュランガイドですっかりおなじみの

高尾山


まぁ昼間の高尾山は

すっかり国際的観光地で黒山の人だかりなもんでね

あえて夕方から行ってみました・・・



IMG0154


自称アルピニストにとって高尾山は正に「丘」
決してこの位で登山服に着替える事は無い
エンジニアブーツに革パン、オールバックにチェスターフィールドコートという
いつもの「インチキ伯爵(SHITABATARAKIの分際で)」スタイルで登頂

因みに
不覚にも懐中電灯を忘れるというアルピニストにあるまじき失態を犯す


IMG0162


写真ではフラッシュで一部明るいが
夜の山道は人生同様、真っ暗闇だ
カサカサと獣が近くを通るだけで正直チビッてしまった
下着だけでも山用速乾素材の物を着てくるべき、などと後悔しても後の祭り
濡れて冷えた股間が凍傷したら男人生が終わる・・などと要らぬ心配が頭をよぎる


IMG0164


途中ひっそりとたたずむ山寺に出会う
障子にはうっすらと蝋燭の明りが・・・
中は若い僧達のめくるめく禁断の世界、などと罰当たりな事を妄想をしてしまう俺はたぶん地獄行き


IMG0167


昼間見たら「勝てる」と思ってしまう天狗様も
夜は直視できないほど恐い


ところで
夜の高尾山は星いくついただけますでしょ〜か?

「夜の高尾山は★★★★★!」(ムッシュビバンダム)

「いただきました。星5です!」(マチャアキ)




タトゥースタジオ 吉祥寺 RED BUNNY TATTOO/赤兎刺青
タトゥースタジオ 吉祥寺 RED BUNNY TATTOO/赤兎刺青

— posted by redbunnytattoo at 09:00 pm  

<< 2009.12 >>
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27 28293031  
 
T: Y: ALL: Online:
ThemeSwitch
Created in 0.0107 sec.